外壁塗装の相場を確認してから依頼することが大切

昨年、実家が外壁塗装を行いました。先日久しぶりに実家に遊びにいったのですが、その際に外壁が非常に美しくきれいになっていて驚きました。外壁をきちんと塗装しておけば、どんなに古い家だったとしても、新しく建てた家のように美しく見えることが分かりました。両親に詳しい話を聞いてみたところ、外壁塗装をしたいと決めたとき、まずは複数の業者さんに問い合わせて、見積もりを出してもらったと教えてくれました。さらに、インターネットを活用して事前に相場を調べて頭に入れておいて、提示された見積もりを比較して、お任せする業者さんを選んだそうです。ちなみに、両親が選んだのは、地元で長い間営業している業者さんでした。相場よりも安い料金で対応してくれるのはもちろんのこと、細かな希望をしっかり聞いてくれたのが決め手になったと教えてくれました。

外壁塗装の相場・・・

家の外壁の塗り替えの目安として建ててから約10年目と言われています。定期的にメンテナンスをすることは家の美観を保ち、耐用年数が延びることで住宅の資産価値を高めることや、家を長持ちさすためには欠かせません。しかし、外壁塗装は専門的なことが多く分からないことが多く出てきます。大事なのはある程度の知識が必要です。正しい業者を選ぶにあたってポイントがいくつかあります。まず、塗料にもランクがあり使われる塗料によって価格が異なります。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系と耐久年数が違いそれぞれの特徴も知った上で選ぶようにしましょう。そして、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが外壁塗装の基本です。この工程を踏んでいなければ耐久年数は半分以下になっていまいます。必ず確認しましょう。相場は業者によって変わることがあるため、複数の会社から見積もりを取るのがいいでしょう。

予め知っておくと安心な外壁塗装相場

どんなに家の中を綺麗にしていても家というのは外側が毎日風雨や天日にさらされてどんどん老朽化していきます。その際に美観と建物自体を保護する為に外壁塗装をするわけですが業者によって随分値段が違う事があります。また思っていたよりも値段が高いということもあります。見積もりをみて驚かぬよう是非業者に仕事を依頼する前に自分で相場を勉強してみましょう。外壁塗装はただ塗るだけではなく、塗料のランクや、建物周りに足場を組む事、養生シートを用意する事など塗装以外にも予想外の費用がかかります。塗料についても選んだ塗料の種類によって倍近い価格の差が発生します。大体2F建てで30坪ほどの建坪の家屋ならば安くて60万円、高ければ250万円という大差が発生しますから、まずはどんな塗料で仕上げるのか、など予備知識を持って業者と話をするのが好ましいでしょう。