ビル管理会社について

ビル管理会社の仕事とはなんでしょうか。ビル管理会社はいろいろな仕事をしています。まず1つ目にビルの施設設備の整備等を担当しています。これらはビルの設備がちゃんと作動するかどうかの確認や新しいビルの施設設備の準備等の仕事をします。新しい設備は設置するものによって変わるのですが、ほとんどは安全面も考えて他の会社と合同でしていきます。そしてもう一つのビル管理会社の仕事はビルの屋内や屋外の清掃です。これらがマンションの管理人のアパートの大家などもしている仕事です。最近では無人の清掃機を使っている会社も増えてきています。ですが窓などの清掃は機械にやらせると危険を伴うので、人の手によって清掃することになっています。他にもビルの修繕やそれに伴う工事なども1つの仕事です。これらがビル管理をする人たちの仕事です。

ビル管理会社は単なる代行依頼に過ぎない

マンションなど鉄筋コンクリートのビルを所有している場合、その管理は当然自分たち自身で行わないとなりません。しかしその鉄筋コンクリートビルの修繕保全管理は素人の所有者だけで行うことは不可能であり、どうしても専門の業者を必要とします。そこでビル管理会社へその修繕保全管理を依頼することになります。しかしだからといって任せっぱなしにしておくわけにはいきません。というのはビル管理会社はボランティアや慈善事業ではないからです。商売でやってますから当然それなりの利益を期待して行動します。もちろん本当に親切な業者もあるけど、中には相手がまったくの無知だとわかったら余計な追加工事で利益を得ようとしたりなどする場合もあります。なのでマンションなどビルを所有している場合は、そのような余計な工事で悪い言い方をすればただでさえ高い工事費をさらにぼったくられることがないよう所有者たち自身でしっかりと問題点を把握して、どの工事方法が一番適正かなどの研究を怠ってはなりません。

ビル管理会社との付き合い方

生活の場であったり、仕事の場であったり、集合ビルで過ごすことは特に都心では当たり前のことになっています。普段はあまり意識することはありませんが、そのビルはたいていは共同で使用しているのであり、そのビルはビル管理会社が管理しています。自分の持ち物や自社ビルであったりすることもあるでしょうが、いずれにしても管理する箇所があるはずです。大きな会社だと、管理会社とのやり取りはすべて総務部を通して、ということもあるでしょうが、そんなに規模の大きくないオフィスでは各個人で管理会社とやり取りをすることもあります。いずれにしても、このビル管理会社が本当に頼れるところかどうかで、環境がずいぶん変わってきます。なかなか見極めるのは難しいかもしれませんが、少なくとも普段から良好な関係を築いておくことで、万一なにかあった場合にも素早く適切な対応を望めるはずです。